〜ドレスショップ・ルネ お店まわりのみんなのいろいろ出来事日記〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議な出会い
今夜は、といっても、日は替わってしまいましたが、「松山は狭い」というだけではかたずけられない不思議な体験でした。

 今日の、金曜日は、第五金曜日。酒好の「ピアノ倶楽部」の日。仕事から帰って、カラオケアンプやらワイヤレスマイクなどが届いていたので、自宅のカラオケ設備と2階フロアの音響設備をを大幅に変更していて、気がついたら9時半くらいになっていた。

 ちょうど、奈央子さんが帰ってきたので、遅くなったけど「ピアノ倶楽部」行こうかということにあいなった。
 奈央子さんも支度に手間取ったりしながら、私も後片付けをしながら、外にでて、タクシーを拾って酒好のお店へ。
 二番町丸の内モータープール前でタバコを買う。それから、酒好の店に入ろうとしたところ、「あれー!」と声が掛かる。
振り返ると、最近知り合ったIさんが友達と二人で立っていて、「どうしたん」「どこいく」といった話をして、結局四人で酒好のお店に入る。ちょうどマスターが電話しに外へでてきてた。
 入ったら、同じ会社のMさんがいる、あれぇーーといっていたら、一緒に入ったIさんがそのMさんの奥さんを見て、また、あれぇーーという声。どうも昔からの知り合いみたい。Mさんの奥さんは酒好で何度か会ったけど、同じ会社のMさんはこのお店では初めてです。
 一時ピアノを習っていたKさんも入り口に座っているではないですか。同じ会社のMさんからは、数日前、宮本さんはピアノ弾くのねとか話しをしたばかりで、まさかここのお店で会うとは・・・。
 しかも、その奥さんがIさんの知り合いとは!!。

 なんとなく、わたしがピアノを弾く番になってピアノのところへ行くと、N先生とOさん(♀)がいるではないですか、え、OさんはN先生とどういう関係なのと思わず聞いてしまいました。Oさんは、昔からよく知っているのですが、N先生から声かけられて、今日、酒好は初めてとのこ。そんななかで、「星に願いを」英明アレンジ版を弾きました。ちょこちょこミスりましたが、まあまあ、弾けましたね。
 先輩のピアニストが先に帰られたけど、帰り際に、ミヤさん、ちと腕あげたね、と少しお褒めいただいた。まだまだだけど、これをはげみにピアノも頑張ることにします。

 そのあと、四人で、カラオケスナックのB&Bへ行って、カラオケをさんざん歌って、気が付いたら、12時を回っていた。
 B&Bを出て、まだ、四人ともテンションが高かったので、ハートロックカフェに行くことにした。
 ハートロックカフェも最終ステージが始まっていたところ。バンドの音楽に酔いしれて、ディスコ踊ったりしてるうちに、演奏も終了。谷本さんがテーブルまできて、「ミキサー買ったよ」とか、話していると、Iさんの友達(以前お店をされていたとか)が、「谷やん覚えている」と突然、谷本さんに言う。谷本さんも「よく似てるからそうかと思ったけど、やはり・・・」と、ご主人がバンドやられていて、こーちゃんという、当時はカリスマ的なギタリスト・バンドマンだったようで、「こーちゃん」亡くなったんよ、・・・え、そうなん、いつなん・・・といった話が飛び出して、聞くところによると30年ぶりくらいの再会のようでした。

 街の中で、ばったり会うこともめずらしいことなのに、そのあと、偶然にも珍しい出会いが次々とあって、不思議な一日でした。
 どうも、偶然にしては、あまりに、おもしろすぎるし、だれかがシナリオを書いている感じでした。ほんとにいろんな出来事が必然というか、仕組まれているのではないんだろうかと、本気で思ってましっている、一日でした。
 帰ってからもしばらくは、テンション高いままで、これ書いています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。