FC2ブログ
〜ドレスショップ・ルネ お店まわりのみんなのいろいろ出来事日記〜
フィギュアスケート
 テレビもトリノでにぎわっていますね。スノボーの競争なんて知らなかったけど、みんな空中を飛んでいるようで不思議な雰囲気です。フィギュアも始まっていますが、私は社交ダンス系なので、好きなのはアイスダンス。
 知り合いの人の娘さんがフィギュアスケートをやっているそうですが、かなりレッスン費用がかかるそうです。リンクを借り切りの練習もしたり、いいコーチに教えてもらうのに大阪や東京へ行ったりで、大きな大会に出れるくらいになるまでには、3000万円くらいかかるそうです。

 これは、社交ダンスの世界でも、競技会に出たり、上級の先生に習いに都会へ、あるいは外国へ行ったりするわけで、「もう家一軒分くらい使った」という人は松山あたりでもそこそこいます。

 松山にフジタホールといいう小さいコンサートホールがあるのですが、スタインウエイのピアノが2台ある。(このピアノは一台1000万円近くする?らしい)フジタホールは、藤田さんという個人の方が作られたホールです。以前、鉄工所をされていて、歳も取ったので、もうすっきり鉄工所の仕事をやめて、自分はピアノをやりたかったので、ピアノを習い始めたのとあわせて、その鉄工所のあった場所に、鉄工所を取り壊して、コンサートホールを作ってしまったのです。
 今では、音楽教室の発表会や、有名なピアニストのコンサートなどに利用されています。こういうお金の使い方もありますね。

 おとといのダンスパーティーでは、「千葉から来た転勤族なんですが、また何年かしたら、どこかへいきますが、転勤して行ったところどころで、こうして夫婦でよく踊ってます。」というカップルの方もおられました。もう一方は、「私は今、73歳ですが、これまで釣りが好きでずーっと釣りをやっていたのですが、昨年からダンスにはまってしまって、タンゴはいいですね、いまタンゴに夢中なんです」という恰幅のいい、どこかの会社の社長さんだった感じの人もおられました。
 「60歳まではゴルフ三昧だったけど、知り合いの女性がダンスをしているのをみたきっかけから、彼女と一緒にダンスできるように、一生懸命練習しているんです。」といった人もおられます。

なんでも、心底熱中できるものがある人は、幸せです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック