FC2ブログ
〜ドレスショップ・ルネ お店まわりのみんなのいろいろ出来事日記〜
電気用品安全法の猶予期間が切れます
th_hou_ou2.jpgth_hou_ou1.jpg
 知らなかったのですが、今日mixiの書き込みを見ていたら、

2001年4月に施行された電気用品安全法によって、過去に発売された電気機器の販売がいっさいできなくなります。現在は猶予期間中につき販売は可能ですが、猶予期間は2006年3月31日で終わります。つまり、今年の4月1日からは、古いゲーム機や、ビンテージアンプ、シンセサイザー、オーディオ機器、レーザーディスクプレーヤー等の売買ができなくなるのです。
といった、書き込みがありました。

2001年4月に施行された電気用品安全法の猶予期間が今年の3月末で切れて、4月からは、この電気製品は安全というPSEマークの付いていないものは、販売ができなくなるようです。
 例えばオフハウスや売ります買いますで扱っている電気製品のうち、このPSEマークの付いていない古いものは、中古での販売が出来なくなり、売ります買いますのお店はかなり打撃でしょう。
個人売買は、小数の製品を単発でやりとりする程度ならOKのようですが、オークションで取り扱うのはサイト側が自粛の動きとか。
 それにしても、安全の為にはこういった規制も必要かもしれないけど、リサイクルを奨励しようというムーブメントに水をさす感じで、ビンテージものの電子楽器や古い真空管アンプなども販売できなくなるというのもさびしい感じがする。古い機材でもそれなりの知識があってきちんと安全に扱える人もいるわけで、(使うのは問題ないそうです・・・というのも安全を考えるのなら片手落ちとも言えないこともないが、それは別の法律があるのかな?)そういう人は古い機材もリサイクルして使えるわけでそういう人達は今後、個人売買、しかも派手におおっぴらには出来ない状況になるのでしょうか。
 これだったら、ビンテージものや古い機器の販売資格だったり利用資格を作ってほしいものです(使うのはかまわないというのだから、これはいらないか・・・)。

詳しくは下記のサイトを参照。
▼電気用品安全法 ~ PSEマークのない電気製品にはご注意を!
http://www.gsr.jp/irs_sbiz/special/pse.htm


簡単に言うとどういうこと?
電気用品安全法の規制により、PSEマークのない電気製品の製造・輸入・販売が禁止されます。中古販売も禁止です(法二十七)。
違反した場合の罰則としては100万円以下の罰金又は1年以下の懲役となります(法五十七)。大企業による悪質重大な違反などの場合、最高1億円の罰金が科される場合があります(法五十九)。

いつから規制されるの?
電気用品安全法の改正は2001年4月1日に施行されました(令附一)。よって、同日よりすでに適用になっています。
ただし、旧電気用品取締法適合製品(いわゆる三角マーク・丸マーク・Sマーク付製品)については、製造・販売についての猶予期間が設けられています(法附五十)。
リサイクルショップで扱う主な電気製品については、販売の猶予期間が5年(法附五十)ですので、2006年4月1日以降にPSEマークの無い製品を販売すると違法となる、と大筋では言えます。

個人売買
PSEマークのない規制対象製品の個人売買は、小数の製品を単発でやりとりする程度(経回答)であれば全く問題ありません。しかし、いくら個人であっても営利目的の販売や繰り返し販売を続けるなどの場合は事業とみなされるおそれが非常に強いです(経サイト)。

委託販売・代理販売・仲買
同法はPSEマークのない規制対象製品の仲買行為を禁止(経サイト)していますので、有償で販売を請け負ったり、売り手と買い手を仲介したりする行為は禁止されています。小数の製品を単発で個人売買する人向けに場所を有償で提供する事自体は違法とまでは言えないが、できれば止めて欲しい行為(経回答)との事です。これはまだ予測ですが、ネットオークション上での個人売買は規制・自主規制されるおそれが強いと思われます。


石橋楽器買取販売終了のお知らせ
http://www.ishibashi.co.jp/nagoya-sakae/used/used.htm



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック