FC2ブログ
〜ドレスショップ・ルネ お店まわりのみんなのいろいろ出来事日記〜
他人にして欲しいことを、他人にする
 元ビートルズのポールマッカートニーの娘で、いま注目のファッションデザイナー、ステラ マッカートニーさんが、テレビでインタビューを受けていた。

ポールマッカートニーは、動物愛護団体(PETA)で活動していて、昨年は、中国の虐殺される猫や犬のビデオを見てから、中国では絶対にコンサートをしないと明言したニュースがあった。

「これは野蛮だ。中世の暗黒時代から抜け出たようだ。彼らは楽しんでいるようで、病気だ」「わたしは演奏するためにそこに行くことを夢にも思わない。これはアパルトヘイト(人種隔離政策)を支持していた(南アフリカ共和国という)国に行かないのと同じだ。吐き気がする」
 
 
 それはさておき、娘さんのステラ マッカートニーさんがインタビューの中で、モットーにしていることは何かと聞かれて、「自分が他人から、して欲しいことを、他人にする」と言っていた。

 昔、「他の人からされたらいやなことは、人にはしてはいけません」と教えられた記憶があるけど、これはネガティブアクションで、ステラ マッカートニーさんの言う「自分が他人からして欲しいことを、他人にする」というのはポジティブなアクティブな考え方ですね。これなら行動指針として身に付きそうです。
 それに、事業だったり商売だったりをする場合の基本的な考えにも通じます。彼女が売れている理由もわかるように思います。

 もうひとつ、ステップワゴンのコマーシャルでブレークしたアートディレクターの佐藤可士和さんは、「アイデアがわいて来てもすぐにはメモしたり、ラフを書いたりしない。なぜかというと、文字や絵は頭の中にぼんやりできたアイデアよりも印象が強いので、頭の中のイメージが負けてしまう。かなり頭の中で固まってから書くようにしている」と言っていた。「アイデアは対象物の中に必ずあるということを悟ってから、アイデアがでないで困るということはなくなった」とも。何かのご参考に。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック