〜ドレスショップ・ルネ お店まわりのみんなのいろいろ出来事日記〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルNO1松山 1F 海鮮 文殊亭
image02.jpg

 2006年3月にオープンした千舟町のホテルNO1松山の一階に、海鮮料理「文殊亭」というお店があり、このあいだ、もぎたてテレビで、500円朝食バイキング、刺身もあると紹介されていたので、今朝は思いついて奈央子さんと一緒に行ってみました。
 朝7時からのオープンで、一般のお客さまもOKです。500円で朝食バイキング、お刺身もあって、おかずも結構そこそこあって、みそ汁にご飯、おかゆもあって、コーヒー・ジュース・パン・・・と、喫茶店のモーニングよりかはるかにお徳感があっていい感じです。
 オーナーさんが魚屋さんということで、お魚も新鮮!で、全体的にヘルシーな感じの食材です。気にいったので、これから週のうち2日は来ようかな。このあいだから、朝ご飯つくりはじめたのだけど、早くも、外ご飯にもどりそうです。

■ホテルNO1松山 1F 海鮮 文殊亭
  朝食/和風バイキング500円
  昼食/日替ランチ700円~
  夕食/1000円~

▼ホテルNO1松山
http://www.hotelno1.jp/matsuyama/
image05.jpg
スポンサーサイト
地デジ試験放送
松山市地区で、地デジの試験放送が始まって、今日、おばあちゃんのとこへいったので、地デジのチャンネル設定をして試験放送を見てみた。やはり、鮮明できれいですね。アンテナもなにもさわらずに、OKでした。まあ、ここから各局のアンテナがある行道山は見通しですからね。
 「試験電波発射中」のテレビ画面を見るのは、小学校四年生の時、宇和島でテレビ放送が始まった時と、大学の四年のとき、京都で、カラーのテレビ放送が始まった時以来のように思います。
NEC_0028.jpg
※↑写真はおばあちゃんちのテレビでみた南海放送の地デジ試験放送。

▼愛媛新聞のウェブニュースでは、
 地上デジタル放送の10月開始を前に、愛媛県内5局は21日、一般家庭で視聴できる試験波の放送を開始した。四国総合通信局によると、受信できるのは、本放送開始時と同じ松山市など中予を中心に計約24万世帯(県内全世帯の約43%)で、視聴可能な放送は四国で初めて。一般番組とは異なる自然の風景などを流し、臨時停止する場合もある。
 試験波は2005年12月から送っており、21日から一般家庭での受信に必要なチャンネル設定用の信号を付加する。各局は伊予市の行道山にある親局から本放送と同じ1キロワットで送信、技術上の調整を進める。
 受信には専用のチューナーやテレビが必要。チャンネル設定後のリモコン番号は、NHK総合1▽同教育2▽南海放送4▽テレビ愛媛8▽あいテレビ6▽愛媛朝日テレビ5。

とあります。

チャンネルは、以下のようです。
channel8s.jpg

我が家はケーブルテレビをひいていて、ハイビジョンテレビはあるけど、地デジチューナーのある機器がなくて、本放送が始まる今年の10月までには、ケーブルテレビさんにデジタルチューナーに交換してもらうという予定でいます。

試験放送の内容は、よろず屋お~うちさんのレポートによると、
------------------------------------------------------- 
NHK総合(JOZK-DTV)、NHK教育(JOZB-DTV)
  :地球46億年シリーズ、チャンネルごとに別タイトル

愛媛朝日テレビ EAT (JOEY-DTV)
  :伊予鉄道 松山市内電車車窓風景
   走行中の車内アナウンスなどリアル音声付
   その後 砥部動物園の映像

あいテレビ ITV (JOEH-DTV)
  :松山市および近郊を空中撮影した映像と一般的なBGM

テレビ愛媛 EBC (JOEI-DTV;画面上コールサイン表示無いぞ)
  :新居浜太鼓祭り、愛南町 外泊の石垣、翠波高原コスモス畑などなど

-------------------------------------------------------
だそうで、なかなかレアものの映像が流れているようです。

キャンドルナイト松山-FTNY
武智さんのキャンドルナイトに行ってきました。
道路も歩道も新装なってきれいでモダンになったロープウェー街は松山でないようないい雰囲気で、特に夜はライトアップされていて、いい感じです。
sIMG_5011.jpg

sIMG_4979.jpg

sIMG_4985.jpg

sIMG_4995.jpg

sIMG_5001.jpg


■キャンドルナイト松山-FTNY
場所:松山市ロープウェイ街蒲団屋(東雲高校入口2つとなり)
TEL:089-931-2355(蒲団屋)
日時:6/21(水)20:00-22:00
会費:\2,000

内容
■灯・音・空気のゆらぎワークショップ(with 工作作家 - 杉木さん)
 ・風鈴楽器
 ・キャンドル&グラスまわりどうろう
 ・灯りの万華鏡
 ・グラスハープ
 などをキャンドルの灯りのもと、手づくりします。

■ドリンク(2ドリンク)

■フード(軽食)

■ライブ
 足ふみオルガン

http://blog.floop.info/

mainvisuals.jpg




ライブ処 フォルモサ
NEC_0024.jpg

 このところ、なぜかライブネタの話が集まってきます。昨日のこと、屋地岡さんがフォルモサでライブするとブログに書いたところ、その夜、ダンス仲間から「フォルモサにいるからおいで♪」とお誘いがあって、ダンスレッスンが終わって、行ったら大勢いて、我々含めて7人、お話して、その場にはあまり似合わないだろうと思われるのだけど、ダンスを踊って、津軽三味線の演奏が始まる前に、おいとましました。
 フォルモサは、経済レポートの方がオーナーさんとのことで、その弟さんが、プロ並みの(いや、プロかも)ピアノ演奏と弾き語りでダンス音楽を特別サービスしていただいた。 ここは、ジャズ系のライブが多いようで、栗田敬子も月一くらいで出演しているもよう。さらには、スマイリー・タマさんもマリー大本のお姉さんと出演してたりのようです。

フォルモサをグーグルで調べてたら、いろいろありました。

フォルモサ
http://gyofuan.exblog.jp/617466/
▼西条の嶢風庵さんがプロデュースしたお店なんですね。

栗田敬子
http://www.sue.or.jp/kurikei/
▼かの有名な・・・
 末光先生のとこは、プロバイダーですね。

起愛塾
http://www.kiaijyuku.jp/
▼このあいだの「地域ファンド」のお話の時に、起愛塾の方が来られてました。

愛媛経済レポート
http://www.ekr.co.jp/
▼三品さんところ・・・

海南eタイムズ
http://www.kainan-web.jp/
▼新しくできた、経済レポート似の冊子・・・

株式会社えむぼま (代表取締役 森 正彦)
http://www.emboma.jp/
▼BizPortつながりで、以前、愛媛ネットワーク研究協議会の時に講師で
来ていただいて、お世話になった元NTT系会社の方、今、独立して松山に来られているという話を聞いていましたが、また、お会いしたいですね。

アドメテック
http://www.admetech.co.jp/
▼同じBizPortで、愛媛大学発の、がん治療技術開発ベンチャー会社。佐俣さんもここの役員さんかな。
酒好ピアノ倶楽部
 酒好のマスターから、恒例の「酒好ピアノ倶楽部」の案内が来た。第5金曜日のある日にピアノ好きの常連さんたちが集まって演奏会をします。まだピアノ始めたばっかりの人から、ベテランまでさまざま。

0308152shot.jpg
 ぐずついた天候が続いておりますが、お元気でお過しのことと拝察申し上げます。さてさて、今月の30日は「第五金曜日」酒好ピアノ倶楽部開催日です。万障お繰りあわせの上、ご参集下さいませ。


第16回「酒好ピアノ倶楽部」のご案内
日時   2006年6月30日(第五金曜日) PM8:30 OPEN 9:00 START
場所   BAR 酒好

第一部は希望者のピアノ演奏。阿弥陀クジによる順番で一人5分以内。ジャンルは問いません。第二部は楽器も時間も自由です。どんどんやってください。ジャンルは全く問いません。
また、応援、見学、もちろん冷やかしも大歓迎です。

費用  各自飲んだ分です。

次回の第五金曜日は9月29日になります。
------------------------------------
BAR 酒好  ふるさわ

http://sakeyoshi.scross.co.nz/index.html
 ここも、参加予定です。
フォルモサでライブ
yajioka2s.jpg

 屋地岡さんが、「ライブするのでまたお願いします」とパンフレットを持って来た。フォルモサで演奏しているとは聞いていて、一度いこうかと思ってたら、フォルモサでライブするとのこと。最近は、ピアノの先生稼業も増えているようだった。
-------------------------------------------------------
屋地岡 寛士LIVE
  ~Dear Friend~
 癒しのピアノサウンド、心の歌、ハスキーヴォーカル、ジャズィセッション。迫真のプレイをお楽しみください。
屋地岡 寛士 with Jaskey 今、一番熱い仲間たちとの競演!

松山市三番町1丁目7-4 ヴィスコンティビル8F
フォルモサ にて。 TEL:089-934-1119
(三番町を西に勝山通りに突き当たった、阿部神輿や、愛媛学園の新校舎の手前7、80m手前くらい)

2006年7月2日(日)
1回目 午後5:30オープン   午後6:00スタート
2回目 午後8:00オープン   午後8:30スタート

3000円(1ドリンク付き)

出演:
松本さゆり(Vo.)、西岡優作(Gt.)、青木智和(Dr.)、菊池司(Ba.)、
川原和子(Key.p.)、筆脇博美(Key.)、他
-------------------------------------------------------

久しぶりに、わたしも聞きに行くことにします。
地域ファンド
sawakami.jpg

今朝は、さわかみ投信(株)の 澤上篤人さんのお話を聞きました。
こんなファンドがあるのは知りませんでした。
http://www.sawakami.co.jp/

○預貯金に励むとお金は東京へいく。
○これまで、資金運用は必要なかった。
○給与ベースも下がり、遊びじゃなくて金融資産の運用で結果をださないといけない。
○日本の貯蓄率は激減している、この20年~25年で使い果たしそう。
○お金に働いてもらう。長期資金運用。
○アメリカでは30年前に、資金運用の方向に。日本はこれから。

といった話を興味深く聞いた次第です。

いろいろあって、ルネのお店の2階で開催とあいなったわけです。

キーワードは、「おらが町投信」「ありがとうファンド」「ファンド・オブ・ファンズ」

澤上さんのお話を聞いて、今日は、澤上さんの本を3冊注文しました。それと、さわがみ投信の口座開設申込書を送ってもらうことにしました。

この会も、もしかしたら、今後も続くかも。
100万人のキャンドルナイト
mainvisuals.jpg

100万人のキャンドルナイト
今年もそんな季節になりましたね。
http://www.candle-night.org/

2006年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。


▼松山でも武智さんが、キャンドルナイトのイベントやりますね。
100万人のキャンドルナイト
■キャンドルナイト松山-FTNY
場所:松山市ロープウェイ街蒲団屋(東雲高校入口2つとなり)
日時:6/21(水)20:00-22:00
会費:\2,000 (定員20名程度になりしだい締め切らせてくださいm(__)m)
※材料やフードの関係で、要予約です。

申し込み
TEL:089-931-2355(蒲団屋)
E-mail:candle-night@floop.info

内容
■灯・音・空気のゆらぎワークショップ(with 工作作家 - 杉木さん)
 ・風鈴楽器
 ・キャンドル&グラスまわりどうろう
 ・灯りの万華鏡
 ・グラスハープ
 などをキャンドルの灯りのもと、手づくりします。

■ドリンク(2ドリンク)

■フード(軽食)

■ライブ
 足ふみオルガン
 アカペラ(検討中)

http://blog.floop.info/

--------------
21日は、わたしも参加です。
最新のカラオケシステムはネット接続!
rondepanf9.jpg ロンドというカラオケとダンスができるというお店ができて、用事もあって、覗いてみた。お店が入っているビルのオーナーの方が、事業が一段落したこともあって、カラオケとダンスを自分も楽しみたいと始められたお店のようです。
 今月できたばかりのお店ということもあって、カラオケの設備もDAMの最新機器が入っていました。ちょうど今の時期に、これまでISDN経由の配信からインターネットのブロードバンド経由に切り替わりつつあるようで、このお店のカラオケ機器も、ADSLブロードバンドのネット接続でした。
 ネット接続になると、「生音演奏」が増えるのと背景画像がきれいになる、そのほかカラオケ以外のサービスも予定されているようです。カラオケ機器接続のBBキットや接続オプションはこの4月から発売されたばかりのようでした。
dam-ds2_s_02.jpg
 歌本で調べて、リモコンでカラオケの番号を入れていたのは昔の話で、今は、「デンモク」という検索できたりする端末があったりするのですが、その「デンモク」リモコンも「ワイヤレス操作、USB端子装備など新機能を備えた新しいDAMステーション」に変わっていて、無線LAN対応なのです。(写真の機器) 『ワイヤレス操作、Edy決済、多彩なコンテンツに加え、USB端子を装備し、携帯音楽プレイヤー へのカラオケコンテンツのダウンロード販売に対応するブロードバンド情報端末』と、いやはや、これまで少し旧式の感じがあったカラオケの世界ですが、ここも急にネットの世界に入ってきた感じでした。昨日は関心しながら、一曲歌ってしまいました。このお店、スピーカーは、ヤマハのS112Vが2本と、フロアモニターにSM12Vが2本という構成。AudioTechnicaの800Mhz帯のワイヤレスが稼動していました。モニターは、パナソニックの54インチのプラズマ、となかなかの設備です。
ミキサー購入
img600x341.jpg

 PA機材の補強で、ミキサーを購入。これまで、MACKIEのCFX16を使っていたのですが、バンドのライブとかになると、どうしてもマイク12本では足りない場合があります。
 それで、オークションを見ていたら、現在の上位機種のニューモデル(CFX20 mkII/20chミキサー)の新品が安く出品されていたので、狙っていたのですが無事落札しました。

 機材も、他の分野もおなじところがありますが、扱うところによって、同じ商品でも価格がかなり違いますね。価格.comがうけるところではあります。値段だけでもないところもあるのですが、価格は大事な要素ではあります。
「商い」は「飽きない」
 「商い」は「飽きない」に通じるところがあり、続けるということが大事です、という話は聞いた事があって、なるほど、先人はいいことを言うと思っていました。
 「飽きない」で続けていても、思うように売上げが伸びなかったり、するとやはり無理して売ったり、特売やセールをしてがんばってみたりしてしまうのですが、
 接点を想像しにくいだろうと思われる知り合い?の「言の葉」カードを書いている秋田緑さんのホームページの掲示板にいいことが書いてありましたので、紹介します。
 秋田さんは、このあいだ南海放送の「もぎたて」の番組に、「松前の8人」というテーマの時、その一人で出演してました。
 小さい頃遊んだ神社で収録してましたが、ここの大きな木から葉っぱがひらひらと落ちてくるのをみて、言の葉という言葉と重なったといった感じのことも言ってました。

それで、彼女のホームページの掲示板の書き込みの一部を引用しておきます。忙しくて、体調を崩したようですが・・・

・・・・が、ついに体が悲鳴を上げてしまい、今日は整体に行って来ました。
「頑張り過ぎる人にありがちな、体のSOSですよ~」と整体の先生に言われ、「過ぎる」自分を反省・反省です。(^^;
今日の豆知識として先生から教わったのですが、「商い」をする上で、しちゃいけないのは「努力」と「根性」と「忍耐」だそうです。(^_^;
「商い」は、「飽きない」ことが一番大切なので、自分を追い込んではいけないよ、とのこと。
なるほど納得!!


http://homepage2.nifty.com/greenti/


 そういえば、笑っていいとものタモリも、「ぜんぜんがんばってないよ、そのまま地でいってるだけよ、がんばったら続かんよ。」と何かの時に言ってたように思う。
 先輩も言ってた、「ぽれぽれ」がいいですね。
ハートロックカフェ
 大阪からお客さんが来てて、一緒にでかけました。ピアノバーで、Dr.Nのステキなベートーベンやモーツアルトを聴いたのに刺激されて、久しぶりに、いつもわくわくパーティーでお世話になっているハートロックカフェにいきました。

今日はライブづくし。ノッテいるお店のお客さんにさそわれるまま、にぎやかなバンドの前で、ディスコ踊ってしまい、体力使ってしまいました。おかげで、深夜1時からの最終ステージまでいてしまいました。

でもやはり、ライブの音楽はいいです。音楽は音だけではないですよね。

NEC_0020.jpg

日本と中国の品質に対する価値観の違い
 シンドラーのエレベーター事故のニュースが飛び交っています。これまでシンドラーというエレベータは聞いた事がなくて、「シンドラーのリスト」だったり、日本のシンドラーと言われた杉原千畝とかを思い出したりします。

 ほかのエレベータメーカーの事故はどうなのかと気になるところ。市内某ビルと某大学図書館のエレベータは、一人乗っても、床が沈んで、2人のるともっと沈むエレベータがあって、いつも「恐いね」といいながら乗ってましたが、これからは利用しないようにします。

 それで、シンドラーのエレベータは中国製というニュースがありましたが、あるMLで、中国に発注する時の注意事項の話があって、シンドラーエレベータもそのあたりクリアしているのかと気になりました。そこで紹介されていたページと内容を少々ご紹介します。
命にかかわる部分、弁護する気はありませんが、現状はこんなぐあいだと思われます。

 日本人はよく「中国のトイレは汚い」といいます。最近では、北京や上海など大都市のトイレはずいぶんきれいになりましたが、それでも日本のトイレと比べると歴然とした差があります。

 日本と中国の品質に対する価値観の違いを示すために、頭の中で1つの実験をしてみましょう。

 上海のオフィスビルの中から、日本を訪れたことのない複数の中国人を無作為に抽出します。そして、日中文化の比較実験と称して、選ばれた人々にトイレをできるだけきれいに掃除してもらうようにお願いします。

 その結果、トイレはどうなるでしょうか。「日本並み」にきれいに掃除されると思いますか?

 「日本並みのキレイさ」を言葉で表現するのは難しいことですが、結果は読者の皆さんが予想されたとおりになるでしょう。中国都市部の平均的なトイレしか見たことのない人間は、いくら「できる限りきれいに掃除せよ」と依頼されても、絶対に「日本並みのキレイさ」にはならないはずです。

 それは「日本人は清潔」で「中国人は不潔」という批判とはまったく異なります。要するに、日本と中国では、トイレ掃除をした後の「あるべき姿」が違うのです。日本のトイレを見たことのない中国人にとっては、ベストを尽くして掃除しても、日本人になかなか満足してもらえません。一方的に「品質が悪い」と非難される側には、ぬぐい切れない不公平感が残ります。


http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/cstaff/serial/offshore/index.html
ビデオでなくてDVD
明菜が出ているバレエのドラマ「プリマダム」を時々見ます。前々回からは、みんなでバレエの発表会をするという話が始まっています。

 この発表会をするというシーンで、「発表会場はそこそこ名前の売れている場所でやって、DVDも撮ってもらって・・・」といったセリフがあって、あれ、都会は「ビデオ」ではなくて、もう「DVD」なんだと思った次第。ビデオという言葉から急速にDVDという言葉にかわりつつあります。実際、DVDがびっくりするくらいのスピードで一般化しているようです。

 一昨年にお店のわくわくパーティーをして、その映像をビデオとDVDにしてもらったのだけど、まだ時期が早すぎてDVDが欲しいというひとは一割くらいでした。それで昨年・今年はビデオのみにしたのですが、気が付くと、このところまわりはDVDだらけになっていました。

 堰を切ったように、一週間前からたてつづけに、DVDプレーヤー二台、VHS・DVDが一緒になっているプレーヤー、VHSが付いているDVDレコーダー、さらには、パソコンに内臓するDVDレコーダーユニットを二台も付け加えて、買ってしまいました。
 まずは、これまでのダンスパーティーなどのビデオのDVD化を始めました。現在、7本、まだ先は長いです。このDVDライブラリーができたら、お店で、皆さんに気楽に見てもらえるようにしようかなと思っているところです。

 これまでに、DVDプレーヤーを二台買ったけれど、どちらも一ヶ月くらいで壊れた。リージョンフリーの台湾製だったからかも。
 今回も一台は、リージョンフリーで、しかもUSB端子が付いてるDVDプレーヤーを一台入手。もう一台のDVDプレーヤーは、カラオケの背景画像再生専用に使っています。タイトーの通信カラオケを使っているのですが、これまで、背景画像のソフトがなかったもので、ブルーバックのまま使って歌っていましたが、最近、背景画像のソフトをたくさんオークションで入手したので、DVDプレーヤーも付けて、背景画像付きとなりました。

 DVD化ができたら、その次はHDDへのファイル化かな・・・。

 ますます、ストレージメディアは肥大化します・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。